2018-04

弾ける!!





以前のコレとは違ってわかりやすいですね。
この場合、タイヤ交換しないとパンクは直りません

変形、合体、分離って男の子のロマンだと思うの

折りたたみ自転車の変形、合体、分離もかっこいいですが・・・


コレと


コレがドッキングして・・・




こうなります。
あ、分離はすると困るので、シッカリ整備してますよw


大人用3輪車って後ろカゴを付けないと
メカメカしくてかっこいいと思うのは
私だけですかね?

変速に気を使う自転車

変速機がついている自転車は、
ペダルを漕ぐ重さを変えられるので効率よく走れます。

当然、段数が多いほうが重さの選択肢が多くなるので、
そういった意味では、内装変速機より段数が多い
外装変速機の方が良いのですが・・・



一番内側のローギアを乗り越えて
スポークとギアの間にチェーンが噛み込んでます。
車輪を外して、リアスプロケットギアを外さないと
どうにもできませんね。

外装変速機はチェーンを脱線させてギアを掛け替える関係上、
調整ができていても荒い変速操作や、振動の多い状況で
無理な変速をするとこんな事が起こります。

変速操作に気を使いながら乗るのは嫌だなぁ・・・
って方は、内装変速機の自転車を検討してくださいね。

ゴミが付着・・・・じゃない



糸くずが付着したように見えますが・・・・
タイヤの中に編んである糸が出ちゃってるんです。

この状態だとタイヤが破れているのと同じです。
大したこと無いように見えても、
破裂する前に交換してくださいね。

見えなくても手は抜きません

この前の続き



ハンドルまわりにバーテープ・・・はまだ巻いてません。
これはビニールテープですね。

こうやって、しっかりとブレーキとシフトケーブルを固定しないと
操作フィーリング(特にブレーキ)が悪くなってしまうのです。



こうやって画像左側みたいにバーテープを巻いてしまうと
隠れて完全に見えなくなる部分なので、
しっかり固定されてない手を抜いてある自転車も多く見かけますね。


完成です!
当店、手を抜いちゃ駄目なところは
シッカリ仕上げてありますのでご安心を!


時間を掛けてしっかりと

以前も書きましたが自転車は
販売店の人間が最終組立、整備をします。

この前の自転車は・・・

まず、自立するようにしてから・・・・


オプションで取り付けを依頼された泥除けをつけて・・・


難関、アシストブレーキレバーつきドロップハンドル!!
ただ取り付けるだけなら難しくないんですが、納得行く動作にしようと思うと
ワイヤー長さ、取り回しがとてもシビアな組み付けになります。

組み立てはこんな感じで時間をいただいてシッカリやりますので、
納車までは時間に余裕を持って注文してくださいね。

新生活のご用意はお早めに

まだ、早いと思われるかもしれませんが、
3月ごろになるとメーカー欠品も出てきます。



通学にスポーツ車を使用したいとの事で取り寄せた車輌の組み立てです。

メーカー欠品もですが、取り寄せから整備、納車までも時間がかかりますので、
新生活に自転車使用を検討されている方は早めがいいですよ。

«  | ホーム |  »

検索フォーム

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スタッフきたむらのつぶやき

QRコード

QR

リンク

カウンタ

アクセス解析

SEO対策:リース SEO対策:自転車 SEO対策:出張 SEO対策:愛知 SEO対策:春日井